awsは運用会社を利用して安全に導入

awsは数多くの会社で利用されているクラウドシステムです。

awsは高機能で汎用性が高いと評判ですが、いざ導入するには経験や知識がないと敷居が高いのが現実であり、予定期間内に安全に確実に導入するには運用会社に協力を依頼するのがベストです。

運用会社の利用は導入時だけでなく導入後のサポートや保守なども視野に入れて検討する必要があります。運用会社を利用したメリットと注意点を紹介します。

awsの運用コストを下げるための施策

awsをフル活用するには運用会社を利用するのがおすすめ

awsは今や大企業も利用するクラウドサービスです。awsを導入する事で業務のクラウド環境を構築でき、社外でもインターネット環境さえあれば社内と同じような仕事を行う事ができるため、業務のスピードアップと効率化を図ることができます。

また、オンプレミスでシステム環境を構築している場合でも、既存システムとの連携も行う事ができるため、既存のシステムをそのまま利用しつつawsを活用することも可能です。導入への敷居が低くなっているawsですが、どんどん成長を重ねているawsはすでに160を超えるサービスが存在し、素人では機能の全容を知ることは難しくなっています。

せっかく導入するのであれば、便利な機能をフルに活用したいものです。そんな時におすすめなのが運用会社です。awsの運用会社はawsを専門に扱っている会社であるため、awsの仕組みや機能を熟知しています。また、常に最先端の情報を仕入れているため、新しい機能をいち早く業務に導入する事もできます。

導入時だけでなく、運用後の保守やメンテナンスも運用してくれる会社もあります。各種チューニングを行いシステムの高度化をするのはもちろんの事、万が一の事があったときに業務への影響を最小限にするためにも運用会社と契約しておくことが安心です。

数多くの運用会社が存在しますが、選ぶポイントは運用実績です。実績があれば、安心してお任せできます。決して料金だけで判断せずにサービス内容を加味して判断するのが大事です。

aws導入時の運用会社

awsをこれから導入しようと考えている場合、awsとの契約やインフラ周りの整備などが必要です。awsは日本の会社ではないため、海外との契約が必要になります。また、インフラ周りで準備したり、awsに対応できるように変更しなければならない事も多数存在します。

また既存のシステムが存在する場合には、既存システムとの連携も構築しなければなりません。awsに関するシステム知識があればこなすことも可能ですが、生命線である業務に影響を及ぼさないようにするためには綿密な計画が必要です。

そして最も大事なのが業務設計です。awsを使ってどのようにしたいのかを想定した後に、それをどのように実現するのかをawsの機能と見合わせて設計を行わなければなりません。最近は業務アジャイル型でシステム設計を進めるケースが多くなっていますが、それでも最低限の計画や分析フェーズは必要になります。

机上の空論では失敗してしまう可能性もあるため、実績をもとに運用を固めていくことが必要です。そのためawsの導入時には運用会社に依頼するのがベストな選択肢です。

数々の実績をこなしてきている運用会社であれば、設計や分析はプロの領域で対応してくれることに加えて、経験値から失敗事例なども知見として持っているため、より安全な方法で確実にawsを構築する事ができるようになります。

経験豊富なプロフェッショナルなメンバーで構成されているため、作業もスピーディで関係部署への連携なども先行して提示してくれるため、早期にリリースを迎えることができます。構築料金はかかりますが、プロに任せることが一番です。

awsの保守やメンテンナンスを行う運用会社

awsの構築でもう一つ考えておかなければならないのがメンテンナンスや保守です。いざサービスを開始してもそれで終了ではありません。運用中に万が一の障害が発生する可能性や、バージョンアップに対応しなければならないこともあります。

新機能をいち早く導入するのもアフターメンテナンスサポートがしっかりしていることが必要です。インスタンスの利用状況などに応じてセキュリティの調整を行ったり、ログや利用状況を鑑みて契約を見直す事も検討しなければなりません。

自社で行う事もできますが、人件費がかかることや経験や知見を鑑みるとプロの運用会社にお任せするのが一番安心です。ポイントは、初期構築を担当した会社に一環してお願いする事です。詳細な設計が可能なawsでは、他社が設計した内容を第三者が把握するのは難しく、リスクを把握できていない状態でメンテナンスや保守を依頼することになります。

そのため、構築からアフターサービスまで一環してサポートしてくれる契約を結ぶのが最も得策です。詳細...CloudCREW:AWS運用

メンテナンス内容にも数々のプランがあります。24時間体制でサービスを行うフルプランから、障害発生時にチケット対応する簡易的なプランまであります。業務の特性やawsを利用している内容をベースに保守プランを検討するのがベストな方法です。

自社で行う事と運用会社に任せることの切り分けが大事

awsの導入や保守メンテナンスを運用会社にお任せするときの注意点は、自社運用と運用会社にお任せする事をしっかりと切り分けしておく事です。構築や導入時には、すべてをお任せして進捗状況の確認とテスト段階での立ち会いなどが一般的ですが、運用開始後の切り分けは明確にしておかないとトラブルになるリスクとなります。

大事なポイントは2つあります。一つは、保守メンテナンスと高度化サポートの違いです。保守やメンテナンスは現在の稼働状況が正常に動いていることを正として捉え、異常が発生した時には、正常な状態に戻すことが任務です。

一方高度化サポートは、今後awsをより機能を拡充したりして利便性を向上していきたいと考えている場合に利用するサービスです。保守やメンテナンスでは高度化に関するサポートやサービスを受けることはできません。

サポート契約時に将来を見据えて考える事が大事です。もう一つは、自社で行う事と運用会社で行う事を切り分けておくことです。可能であれば契約書などに盛り込んで齟齬が生じないようにしておく事が大事です。毎日の切り替え作業やログの出力は自社で行い、定期的なメンテナンス日には運用会社などで行うなどです。

利用するアカウントの管理なども含まれます。個人情報が存在する可能性が高いawsへのアクセス管理を例え運用会社とは言え、ずさんに管理しているといざという時に責任問題に発展する可能性があるためです。

便利な部分だけを運用会社に代行させる方法も可能

自社にシステム部門を抱えており、知識や経験も備わっており、メンテナンスや保守体制も準備できるのであれば、自社ですべて運用する事も可能です。しかし、awsは海外の会社との契約であるため、自社で直接海外との契約をするにはハードルがあり、契約ができないなどのケースもあります。

そんな時には、部分代行を活用することもできます。契約の事例であれば、請求に関する部分だけを代行してくれるため、日本の会社との契約でawsを利用する事ができます。awsの利用一部分だけを代行するサービスも充実しているため、これらを活用するとネックとなりaws導入に踏み切れなかった部分を解消できるケースもあります。


awsの構築やアフターメンテナンスは運用会社を利用するのがベスト

awsは汎用性の高いサービスであり、やりたいことを高確率で実現できる反面、設計や構築などが難しいというデメリットがあります。自社に経験や知見がない場合には、運用会社に依頼するのがおすすめです。aws導入に関する知見により過去の失敗事例などを活かして設計ができるため、安心かつスピーディに導入を行う事ができます。