awsの運用コストを下げるための施策

awsの利用を開始するために予算を立てているときや、利用を始めてから月間にかかった費用を振り返ったときにあまりにコストが高くて驚くケースは少なくありません。awsの運用コストは使い方によってはかなり高くなります。

運用コストを何とかして下げなければならないというときにはどのような方策を考えたら良いのでしょうか。

awsは運用会社を利用して安全に導入


awsの運用コストを下げるための必須条件

awsの運用コストを下げるには二つの条件を満たすことが必須です。以下に示す2つの必須条件はどちらが欠けても大きな費用負担が発生することになります。まずは満たさなければならないことの概要を理解し、具体的な方策を考えられるようになりましょう。

1つ目はawsの利用料金をできるだけ下げることです。課金をできるだけしなくて済むようにすれば運用コストは下がります。広い意味でのawsにかかるコスト削減では最も重要な観点で、各種サービスの利用について最小限に収めれば負担が少なくなります。

awsでは利用した容量や通信データ量などによって課金額が決まる仕組みのサービスが多く、容量は柔軟に自動拡張される仕組みが基本です。そのため、ユーザーがむやみやたらに利用すると課金額が肥大化してしまいます。

この対策を立てることがコスト削減をする重要なポイントです。2つ目はawsのサーバー運用にかかる業務コストを減らすことです。awsのサーバーを安定して利用できるようにするには基本的に常時監視が必要になります。

監視をしてリソースやトラフィック状況を確認し、必要に応じてリソースの配分を変えるなどの対応をすることが欠かせません。このような運用にはサーバーの運用や監視に関わるスキルを持っているエンジニアの力が必要です。

エンジニアの雇用コストは一般の人に比べると高い水準なので、いかにして適材を確保しつつ、業務負担を軽減するかが重要課題です。あるいは社内エンジニアに運用させずにコストを削減する方策を考える必要があります。

課金対策にガイドラインを作ろう

awsの利用料金を下げるためにはユーザーに課金の仕組みを認識させて、無駄に容量を使わないように意識させたり、データ通信量を最小限に抑えたりする努力をさせるのが最も良い方法です。ただ、常にユーザーに課金について意識させてしまうと、コストがかかるからawsを使うのはやめようという考え方が生まれるリスクもあります。

awsを導入しても利用しなかったのでは意味がないので、積極的に活用して業務を遂行させつつ、無駄なコストをかけずに利用できるようにするのが肝心です。awsの利用についてガイドラインを作成すると円滑に利用できる体制を整えられるでしょう。

具体的に何に使用して良いか、どのようなときにコストがかかるのを覚悟で使って良いかなどといったことをガイドラインに示して社員研修を実施するのが合理的です。実際に運用してみるとガイドラインの不備も見つかってくるので、適宜改定をして現場に合わせたガイドラインを作り上げましょう。

時間はかかりますが、確実にawsを使いこなせるようにしつつ、コストも削減できる魅力的な方法です。

運用の自動化を極力進めよう

awsのサーバー運用にかかるコストを削減するには自動化を進めるのが大切です。運用で最も大きな業務負担になるのはサーバーの監視と言われています。ただ、awsの運用のときには各種メトリクスを取得して状況を確認し、この条件を満たしていたらこうすべきという簡単な流れをいくつも考えられます。

その流れをプログラムにして自動対応できるようにすれば、エンジニアの業務負担を軽減することが可能です。全ての運用業務を自動化するのは困難でリスクも高いですが、ルーチン対応可能な部分を極力自動で対応できるようにすればエンジニアの業務コストが下がります。

大勢のエンジニアが必要だったのが若干名で済むようになったり、他の業務を兼務できるようになったりすれば大きなコスト削減になるでしょう。

awsの仕組みがわかるエンジニアに運用させよう

awsの課金対策をしつつ、運用にかかるコストも減らせるようにするにはエンジニアを厳選することも重要です。awsのサーバー運用を合理的に行うためにはawsについて詳細まで理解していることが必須です。

awsから提供される領域の構造や特性を知っているだけでなく、各種サービスの課金システムについても熟知してコストを下げる方策を考えられることが必要になります。他のクラウドサーバーや自社サーバーなどの運用経験があっても、awsの課金対策まではできないでしょう。

そのノウハウも持っている優秀なエンジニアに運用させると運用コストの削減につながります。自動監視のノウハウも持っているエンジニアなら、自動化可能な部分を次々に自動で対応できるようにして、業務コストも下げられると期待できます。

awsに関する知識や技術だけでなく、サーバーやネットワークに関するスキルも高いエンジニアを探して運用を担当させるのがポイントです。

外部委託との費用対効果の比較をしよう

awsの運用は外部委託することもでき、一部の業務だけを委託して内外のエンジニアによる運用をする道も選べます。外部委託と全業務を社内で進める場合の費用対効果を比較すると運用コストを削減しつつ、awsの効率的な利用もできるようになります。

awsの仕組みがわかっている優秀なエンジニアは決して多いわけではありません。社内を探してもいないことが多く、awsの導入をする時点で新たに雇わなければならない場合もあるでしょう。そのエンジニアの能力が本当に期待している水準なのかどうかを判断するのも困難かもしれません。

このような場合にはプロとしてサービスを提供している運用代行業者に委託した方が費用対効果が上がる可能性も十分にあります。課金対策は外部委託し、全般的な運用は社内で行うといったやり方も可能です。どのような業務配分にすると効果が上がるかはエンジニアの能力や、エンジニアが持っているノウハウを比較してみるとよくわかります。

費用面を加味することで最大のコストパフォーマンスを目指しましょう。

二つの条件を満たしてawsの運用コストを下げよう

awsは便利なサービスではあるものの、利用の仕方と運用の方法で工夫をしないとコストがかさんでしまいがちです。課金額を減らすための方策を練ってガイドラインを作成しつつ、内外のリソースを最大限に駆使しながら自動化を進めることで業務コストを下げましょう。

課金対策と運用対策を立てて実行していけばきっとコスト削減が実現できます。